共に生きる社会へ。基本は、いのちと平和です。

2016年4月14日 13時39分 | カテゴリー: 活動報告

街路樹のハナミズキも色づき始めた4月12日、参議院「全国比例代表」に挑戦する大河原まさこさんと一緒に、政策の訴えと活動報告のため、福生・羽村・あきる野・青梅を遊説して回りました。
生活者ネットワークでは、元東京・生活者ネットワーク代表委員である大河原まさこさんを応援することを決定していますので、その報告もさせていただきました。
それぞれの場所で多くの方に声をかけていただき、関心をもっていただけていることを実感しました。20160412_100921 20160412_113039

1、軍事によらない平和の実現をめざす
2、原発のない社会をめざす
3、社会保障制度の充実と格差の縮小をめざす

大事なことは市民が決める地域主権を確立する、持続可能な地域経済・社会をつくるために大河原まさこさんを応援します。

大河原まさこさんは「国民の政治離れと言われるが、国民か離れているのではなく、政治の方が国民から離れている。」とお話しされました。国政にも生活実感ある人の存在が必要だとあらためて思いました。