秋も深まってきましたね

2018年11月28日 23時40分 | カテゴリー: 活動報告

11/19花いっぱい運動。市営野球場の花壇にて。

11/18軽スポーツ&とん汁会での、タムタムふぁみりーバンドの演奏

11/18多摩川中央公園で1日プレイパーク開催。軽スポーツ&とん汁会と同時開催。

11月もそろそろ終わりに近づいてきました。
ここ数年は秋が短く感じられ、暖かい日が続いたかと思うと急に寒くなったり・・・体もなかなかついていかない感じがします。

 

子どもたちが元気に外で遊ぶ機会が減ってきている今、おとなが子どもの遊ぶ機会を確保してあげることの大切さを実感します。
1日プレイパークでは、年齢を超え

軽スポーツ&とん汁会の会場、多摩川中央公園

た子どもたちの輪が広がり、初めて会ったのに、いつのまにか仲良くなっている子たちがたくさんいました。
軽スポーツ&とん汁会では、地域のおとなと子どもたちの交流の機会にもなっています。

11/23公民館のつどい

 

 

 

 

 

 

 

11月23日は、公民館のつどいに参加しました。
登録サークルのみなさんによる活動発表がありました。
サークル立ち上げのきっかけは公民館の講座だったり、町会の活動だったり様々でしたが、みなさん自主的に積極的に活動されていました。公民館職員の助言に助けられたことも発表の中で知ることができ、職員の力量も重要だと感じましたし、ともに考える姿勢も重要だと感じました。

電気が余り気味だから太陽光発電を減らし、原発の再稼働を進めようとする動きがある中で、自分はどんなエネルギーを使いたいのか、どんな未来を描くのか、一人ひとりが考え選ぶことがとても大切です。
「それでも再稼働?柏崎刈羽原発再稼働を止めようフォーラム」に参加しました。NPO法人環境エネルギー政策研究所 所長・飯田哲也さんの基調講演と、原発反対刈羽村を守る会 代表・武本和幸さんの報告、実行委員の現地スタディツアー報告を聴き、再生可能エネルギーを推進していく必要性を強く感じました。
その翌日には、飯館村議会議員・高橋和幸さんの講演を聴きました。現地で今、何が起こっているのか、村民の気持ちは尊重されているのか、生活はどうなっているのか・・・日々の活動や汚染土の仮置き場となっている現状をうかがい、原発再稼働を止めなくてはいけないという気持ちもさらに強くなりました。

11/23それでも再稼働?柏崎刈羽原発再稼働を止めようフォーラム

 

12月4日から第4回定例会が始まります。
「幸せを感じることのできる妊娠、出産、子育てについて」「災害時に安心して過ごすことのできる避難所について」と題して一般質問いたします。
二日目(12/5)午後を予定しています。ぜひ、傍聴にお出かけください。

11/24 3.11から未来へ期間政策で子どもたちは守れるか?ゆとろぎにて