子どもの遊びは生きる力のもと!

2017年7月19日 12時03分 | カテゴリー: 人権, 子ども子育て, 活動報告

福生プレイパークを創る会
1日プレイパーク を多摩川中央公園で開催しました!
(8月16日)
お天気にも恵まれ、約50人の参加がありました。

さまざまな自治体で、プレイパークを創りたいという市民が設置に向けて活動をしています。最近では「遊育」という言葉もありますが、子どもにとって遊びは生きる力を育むのにかかせません。

日本冒険遊び場づくり協会 事務局長の天野秀昭さんは「遊びは魂の活動。遊ばないと心が死んでしまう。」とおっしゃっていて、日本初のプレーリーダーとして職について以来36年、たくさんの子どもたちと出会ってそう感じています。
「自分がやりたい!から始めるのが遊び。させることはできない。させられているのは遊びではない。」親や周りのおとなは、子どもにいろんなことをさせてあげたい。だけど、それは子どものやりたい気持ちを満足させることはできません。
遊びを止められた子どもは、心も体も不安定になっていきます。

『よく学びよく遊べ』って子どもの頃よく聞いた言葉だったけど、最近あんまり聞かなくなった気がします。
子どもたちの学びとともに、遊びの機会や場所の保障も必要ですね。

遊びは生きる力のもとだから!!

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、屋外、自然、水

たらいの船 気持ちいい!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、屋外

虫眼鏡で火をつけました

画像に含まれている可能性があるもの:靴、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、子供

木工作は いつも大人気です